前へ 次へ 

YKH

住宅

リビング内観
リビング内観
山梨県の中央部に位置し甲府市に隣接する八代町は、首都圏から約1時間半の距離に位置するが、豊かな自然が特徴的で桃の産地として有名な果樹園地帯である。
当該計画の建築主は結婚をきっかけに、ご両親が住まわれている敷地内に自分達の住居をつくることにし計画がスタートした。
都心にある種の憧れを持つ建築主は、農村の風景から切り取られた都会的な生活と両親あるいは近所の方々を招き入れる「つどいの場」としての機能を求めていた。
また、当時大流行したTVドラマの様な、リビングとその他の空間が階段を介し一体となる空間やガラスブロックにより、外光が緩やかに室内に入り込む様な空間像が求められた。
当該計画は、建物の外壁により外界と切り離した空間を用意し、その内側では非日常的な生活シーンがゆったりと営まれることを狙っている。
外壁以降西側に広大に広がるプライベートガーデン、夜空を楽しみながら入浴出来る風呂場、何十人も招待しバーベキューパーティーが出来るテラス、カラオケパーティを演出する独立階段、お茶会が出来る和室、子供達が飛び回り人々がたくさん集う、こう言ったおおらかな空間像は日常的な空間利用を許容するが、そこには建築主が求めた、非日常的な空間も同居している。
北側外観
北側外観
設計者長谷部勉
所在地山梨県笛吹市
竣工1993年6月
主要用途専用住宅
主体構造木造
延床面積147.50u
(約44.6坪)
階数地上2階
業務内容設計・監理
施工者青柳工務店
Plan
Plan
南西側外観(夕景)
南西側外観(夕景)
 前へ次へ