前へ 次へ 

KMD

メビウスブレイン菊名ウェルズ

集合住宅

エントランスホール外観(提案)
エントランスホール外観(提案)
南西側外観(提案)
南西側外観(提案)
施主は小規模なマンションディベロッパーである。設計の内容も全体の骨格も定まった確認通知受領済みの案件を買い受け、事業主として販売にかけるという段になって依頼された業務である。依頼内容は、外観全体の監修、エントランスホール周りのデザイン、モデルルームのデザイン監修。
バルコニーの外側に柱と梁の構造フレームを配置し、梁を逆梁にすることでバルコニー手摺の立ち上がりを兼ね、リビングの窓高さを確保すというどこにでもあるようなものであった。通常この手のマンションの場合、“安定感”を醸し出す為か、足元に重厚に見える石を張り上に向かって軽い印象のある素材によって構成するという方法(古典建築に見られた三層構成)が採られる。原設計の外観もこのセオリーに何の疑いも無く呼応していた。
これに対し、販売、広報を担当する代理店より“菊名Modern”というキーワードが与えられたことから、上述の古典的な重量感を逆転させるような提案をした。具体的には地面より二層分の壁をコンクリート打放しとガラスと木により構成し、その上部に重厚感のあるタイルを張るというものである。また、コントラストを強くすることでありがちで曖昧な印象を払拭したいと考えた。エントランスホールにおいては外側から内側に向かって連続する木製家具を壁面に配置し、居住者を出迎えるような広がりと透明感を付与するように配慮した。
“グレード感”という意味の分かりづらい言葉によってデザインの良し悪しが評価されるということがあるということを知ることが出来た仕事であった。

南西側外観(CG)
南西側外観(CG)
風除室
風除室
外観
外観
プロデュースメビウスブレイン
設計者天嵜設計
担当者H.A.S.Market
所在地神奈川県横浜市
竣工2004年3月
主要用途集合住宅(分譲)
主体構造RC造
敷地面積1,149.49u
延床面積3,280.71u
(約992.4坪)
階数地上7階
業務内容デザイン監修
備考:
春原建築設計事務所と協働
 前へ次へ