2016年10月24日

平成28年度一級建築士設計製図の試験雑感

一級建築士
今年の一級建築士設計製図の試験は建築物の空間構成を崩すさまざまな要素を適切に処理し建物全体をまとめあげる計画力が特に求められたように思う。当たり前のことだかこれは国が合否の判定基準として明示している「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」の有無とも連動する。
上述した要素の中でも特に影響が大きかったのは吹抜け等とアプローチの考え方の2つ。もう1つ加えるとしたら屋上広場の「直径10mの円」だろうか。それ以外にもたくさん見受けられがここではその3つについて書きとめる。
まずは吹抜け等。課題文に物理的な指定がある訳ではないので設けなければ平面的なゆとりもできるし計画はしやすい。しかし課題発表時の註釈「パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画」や課題文の冒頭に書かれた「環境負荷低減のため、自然エネルギーを利用し、快適な室内環境が得られるような設計手法(パッシブデザイン)を、積極的に取り入れる」同じく計画に当たっての留意事項に書かれた「自然採光及び自然換気を積極的に取り入れる計画とするとともに、日射の遮蔽にも配慮する。」から庇等による日射の管理は言うまでもなく通風や熱移動及び排熱のコントロールも考えるとやはり光庭あるいは3層吹抜け+屋上の開閉式窓は外せない要素になっているのではないかと思う。庇を設けただけでも良いかもしれないが競争試験だと考えるとやはり弱い。
次にアプローチの考えた方。敷地図に記載された北側と東側の歩道付き16m道路から判断する限りメインアプローチはそのどちらからでも良いと思えるが計画の要点等の記述における「小学校、公園等の周辺環境を踏まえた建築物の配置計画について考慮したこと」や使い易い計画であることも含めて考えるとやはり長辺が接する道路側の中央からとなる。また課題文に書かれた保育所部門の特記事項には「エントランスホールから保育所玄関を経由して、アクセスできるようにする。」と明示され保育所玄関の特記事項には「保育所部門専用とし、乳幼児の保護者が送り迎えを行う。」と書かれていることから保育所部門のアプローチはエントランスホールからのアクセスが取れていれば東側からの直接アプローチの方が適切であると思う。ただしその場合には保育所玄関は東側に寄ることになるので全体構成が崩れないように配慮しなければならない。東側からのアプローチを取らなければエントランスホールも建物中央になり構成は崩れ難くなるのでその辺りも含めて全体を考えた判断が必要になったと思われる。おそらく受験生の解答はその殆どがエントランスホールからのアプローチのみになっていると思われるので東側直接アプローチの計画ではエントランスホールからのアクセスはサブ的に考えても良いだろう。ちなみにダブルアクセスに応じた広さの保育所玄関を設けた場合は保育所部門が2層になったり保育室が西側に向いたりすると思う(保育所部門が2層になることや保育室が西側に向くことが悪い訳でもないが)しそれはそれで良いと思う。また児童館・子育て支援部門のアプローチは「エントランスホールから受付を経由して、アクセスできるようにする。」と書かれていることから事務室②は必ずしも1階にある必要は無く保育所部門を1階にフロアゾーニングすることによりタイトになりがちなエントランスホールにゆとりを持たせるために1階には受付だけを設置し事務室②は2階に計画する方がまとまり易かったように思う。
最後に屋上広場に要求された直径10mの内接円だかこれにより屋上広場は普通に考えると4グリッドで構成され2階の計画に大きな影響を与えることになる。それにより建物の内部構成が崩れる位なら内接円の確保よりも全体構成を優先するべきであろう。
その他に「計画上留意した事項について、簡潔な文章や矢印等により補足して明示する。」などヘビーな要求もあり前述した要素を素早く組み上げエスキスそながら全体を俯瞰し時間をクレバーにコントロールしなければ理想的な解答をつくることが困難だったに違いない。思考が浅くそれらの要素を適切に扱わなかった人には簡単に思える試験だったかもしれないが気付かないまま合格図面が描ける程試験は甘くない。例えたまたま合格図面風なものが描けたとしても良くみれば能力が判定できる様々な要素を適切に処理する能力が試された良い試験だった様に思う。
時間が不足して図面に補足が書ききれなかった方も図面だけで伝われば要求はあくまでも補足なのでそれ程ナーバスになる必要はない。
なおこれは資格スクールの発表の様に綿密な分析をしたものでもないし極めて個人的な雑感である。いづれにしてもあとは12月15日(木)の試験元の発表を待つのみ。本年度受験された方はお疲れ様でした。
長谷部勉
投稿者 長谷部 :

2015年4月16日

建築士定期講習

一級建築士

建築士定期講習は、平成20年11月28日に施行された改正建築基準法により、建築士事務所に所属する全ての建築士に対して3年毎の受講が義務ずけられています。
3年毎に義務ずけられているのは、建築士としての業務を遂行するために必要な最新の建築基準法を身につけておくためだとか。。。
趣旨は理解できますし、私が一級建築士資格を取得したのは20年以上も前になるので、関連する業務をしていなければ、たしかに疎くなっているはずです。
しかし、私は建築士事務所を営んでいますので、ほぼ最新の知識が身についているものと思われます。
と、ごたくを並べても結局は受けなければならない訳で、受講すると知らなかった内容もあるわけで、それらを知ることは楽しくもあるのですが、何よりも1日が潰れるのはかなり厳しい。。。
そして、講習の最後には1時間の修了考査があり、修了基準を満たさなければ再受講が必要になったりします。再受講になれば1日だけでは済まないし、基準を満たさなければ業務に支障をきたすおそれもあるわけで、これは少しドキドキします。(ちゃんと受講していればほとんどの人がその基準を満たしますが。。。)
受講から2〜3週間を経て、修了証とともに個別結果表が手元にとどきましたので、自慢を兼ねてUPさせていただきます(どや)

建築士定期講習個人別結果票.jpg

定期講習の登録機関として大臣が指定する民間企業はいくつかありますが、せっかくの機会なので今年は修了考査の結果がわかる総合資格学院で受講しました。
一級建築士の社会的信頼度が低下している昨今において、少しでもそれを回復するために精進して行きたいと思います。もちろん定期講習だけではなく、設計活動を主軸に。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2014年10月19日

H26年度一級建築士設計製図試験雑感

一級建築士

遅くなりましたが、本年度の一級建築士設計製図試験の課題文を読んだので、その考察を記載します。この感想は個人的なもですので、気になる方は資格スクールのWEBサイトを等を参照願います。

まずはアプローチ。敷地図をじっくり見ると北側及び西側の駐車場は隣地であることがわかります。東側隣地は親水公園なので言い換えれば敷地は一面接道となります。つまり南側道路から主入口を取るのが正解であるとも言えます。
しかし、建物用途は「道の駅」ですので、駐車場からの利用者アプローチがメインになることは至極当然だと言えます。
また、駐車場は課題文より当該建物の駐車場としても利用することが読み取れます。
回りくどい書き方をしましたが、メインアプローチは、やはり駐車場からとなるのではないでしょうか。
但し、忘れてはならないのは避難である。避難は隣地ではNG。つまりメインアプローチの設定にとらわれて、南側道路への避難動線を忘れてしまうという罠なのではないかと考えられます。つくづく思いますが、このアプローチと避難動線の設定が試験がつくりこんだものだとしたら、受験者には申し訳ありませんが、今年の課題文も大変素晴らしい出来ばえだと思いますし、南側道路への避難が確保されていない解答が続出するのではないかと思われます。

と、ここまでの内容を見るとドキッとする方が多いかもしれませんが、建築基準法施行令第128条には「出口から道または公園、広場、その他の空地に通ずる幅員1.5m以上の通路をもうけなければならない」とあるので、今回の場合は西側または北側に設けた主出入口から南側道路に避難する動線が無くても親水公園に避難できれば良いということになりますので、ご安心を。
また、今回の敷地は都市計画区域外なので、敷地と道路の関係について規定はありません。つまり、単体規定だけ満たせてればOKなので、敷地内の1.5m以上の避難通路があれば避難は隣地でも道路でも良いということになります。試験中にこれらを判断することは困難ではあるが、結論を述べると南側への避難動線は無くても良いということになると思います。

次に建ぺい率と屋根の形状。先に記載したものよりわかり易いものは「建設用地ではなく敷地」問題。そして建ぺい率は70%。敷地は50m×36m=1800平米だったので、許容建築面積は1260平米。これはある種のサービスだと思います。建ぺい率オーバーの方は少なかったのではないでしょうか?
勾配屋根の軒先形状を判断出来ないという昨年の結果を踏まえ、2階の屋根形状を2階平面図に図示させるあたりは昨年のリベンジでしょうか?もっとも勾配屋根の場合、通常は2階平面図にその位置をプロットするものですが。

そしてゾーニング。部門が設定されている時は部門毎のフロアゾーニングを目指したいところではありますが、本年度の本試験課題の要求室面積を勘案し面積的にバランスの良い計画を想定すると店舗・料飲部門は別々の階に振り分けられそうな微妙な設定だったと思われます。
店舗・料飲部門という名称からもそれらは別々の階に計画しても良さそうですし、階を分けたからといってゾーニングが出来ていないとも言えません。共用部から異なる部門を通過すること無く目的室への動線が確保されていれば明快なゾーニングだと言えるので、これはどちらでも良いでしょう。

総じて、計画案だけを想定した状態で合否判定の差を考えてみましたが、ポイントがわかり難い結果になるのではないでしょうか。やはり差がつくのは解答用紙Ⅱ(計画の要点)や、作図の精度や密度なのかもしれません。また、私の考えているレベルの解答や、課題文の見事な表現を正確に読み取れる受験者は意外と少ないのかもしれません。つまり、建築設計をわかっている人には簡単で、理解していない人にとっては難しいという、理想的な課題になっている可能性があります。つまり普通に解けたひとは合格???。

できれば作問者と対話たいところですが、やっぱりムリなんでしょう。そんな訳で12月18日(木)に発表される予定の結果を分析してみないと作文の意図を知ることはできません。残念ですが、それまではもやもやしながら待つしかありませんね。本年受験された方はおつかれさまでした。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2012年10月15日

H24年度一級建築士設計製図試験雑感

一級建築士

10月14日(日)に本年度の一級建築士設計製図試験があった。本年の課題は「地域図書館(段床形式の小ホールのある施設である。)」。友人の某建築家は「建築脳」が試される試験だと言っていたが、ボクもそれには同感だ。
試験問題は一見簡単そうに見えるかもしれないが、言葉の使い方や構成の工夫なども含め、新試験制度以降の最高傑作だと思われる。作問者に敬意を払いたい。
詳細の解説は資格学校の発表に委ねるが、中身について少しだけ触れると、アプローチや搬入動線の選択肢が幾つか用意されると共に、設置階や吹抜けの位置も多様な選択肢が用意されるといった両義性が目につくというのがざっくりした課題の印象。
公園側からのサブエントランスの要求目的がメインエントランスから公園に通り抜けできる計画にすることなら、エントランスホールは直線状に設けたいところだが、周辺環境を考慮しながら1階に図書部門を計画した場合、搬入動線は極端に取りにくくなったはずだ。
課題要求に無い搬入動線を取る必要は無いかも知れないが、建築としてどうなのかを考えながら、採点の指針を想定してみたが、考えれば考える程わからなくなる。
課題を入手しボクも解いてみたが、明快なゾーニングを目指してフロアゾーニングをするなら、ボリューム的に小ホールが1階になると思えるが、その解答の階高は非合理になるし、小ホールを1階にするメリットも感じられない。
やはりメイン機能としての図書機能をメインフロアに置きながら、考えるのがオーソドックスだと思う。そしてそれらの案には多様な解答が想定出来るし、建築的な傑作をつくりうることも出来ただろうが、受験者の皆さんは6.5時間という時間の縛りに手を焼いたと思われる。
結果として、時間が掛かり表記忘れや簡易化された成果品を提出したことになった方が多かったのではないかと思うが、某資格学校の発表によれば未完成は10%を切るとのことなので、未完による失格者が多量に生産される訳では無さそうだ。
建築的な素養ももった受験者は多角的に悩み、逆に知らないことが多い受験者は簡単に解くことが出来たのかも知れないが、結果だけを見て判断して良いのだろうか。多様な条件を整理し応える能力があれば、過多な知識は不要だと考えているのか?? 条件が整理された空間構成が結果に作用することになりそうだ。今後発表される資格学校等の解説に注目したい。
いづれにしても昨日の試験は長い目でみると通過点の一つに過ぎない。結果は出さなくてはならないし、良い結果がでれば今後の組み立て方が変わってくるのは確かだが、思う様な結果が出なかった場合は、自身の取り組みを再考しながら、気持ちを切り替え再度挑む必要がある。建築の楽しさに少しでも触れ、楽しみながら受験できるようになれば自ずと力量があがり合格できると思う。
受験者の皆様、とりあえずお疲れ様でした。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2011年10月16日

一級建築士設計製図試験の打上げ

一級建築士

今年度の一級建築士設計製図試験は10月9日(日)でした。
試験も終わったということで皆で打ち上げ。
どうやら打上げに参加すると合格率が上がるらしい(笑)
111016.JPG
12月16日(金)に発表される合格者名簿に知り合いは全員掲載されていると信じています。
とりあえずお疲れ様でした。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2011年10月10日

H23年度一級建築士設計製図試験雑感

一級建築士

10月9日(土)に本年度の一級建築士設計製図試験がありました。今年の課題は「介護老人保健施設(通所リハビリテーションのある地上5階建ての施設である)」でした。
課題文を見る限りでは、オーソドックスで難易度は高くなかったように思います。
結果を想像すると、今年は例年と比べ作図量も多く残念ながら未完の方も多かったのではないかと思っています。
また、要求室も例年と比べ多かった為、欠落や設置階指定違反なども多数あるのかもしれません。
実務でもいえることですが、時間管理をしっかりして、欠落やミスを修正する時間を獲得された方が合格に近づいたのではないかと思っています。
12月中旬の発表までは合否の判定は難しいと思いますので、少し期待しながら結果を待つのが良いかもしれません。
受験生の皆様一先ずお疲れ様でした。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2010年1月11日

+のオーラ

一級建築士

一級建築士試験合格者の祝賀会に参加しました。
そして何百人かの+のオーラを吸い取ってきました(笑)
100111.JPG
皆さん合格してくれてありがとうございます。
今年受験される皆さんも、+オーラを私に吸い取られるように、宜しくお願いいたします。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2009年7月24日

貸事務所ビル

一級建築士

建築技術教育普及センターより、平成21年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題が発表されました。
一級建築士資格取得の為には、まず学科試験に合格し、それから設計製図の試験に合格する必要があります。
今年の設計製図試験の課題は「貸事務所ビル」。
二年連続の基準階タイプです。
どんな課題が出るのかなぁ~???

今週末の26日(日)は学科試験です。受験される皆さん頑張って下さいね。

投稿者 システム管理者 :

2007年2月 9日

改正建築士法

一級建築士

建築士には定期講習が義務付けられ「構造設計一級建築士」「設備設計一級建築士」が新資格として創設される。
2005年11月に発覚した構造計算書偽装問題の再発防止策として2006年6月に改定された建築基準法の一部改正に引き続き、今回はその第2弾として建築士制度の抜本的な見直しを含む法の改正となる。

建築士という資格は医師免許と同様で専門分野毎に与えられるものではない。ただし、実際は建築士にも「意匠・統括」「構造」「設備」などの専門分野があり、いままでは「意匠・統括」の設計事務所がいわゆる元請になり、その下請けとして「構造」「設備」の設計者が業務を行っているケースが一般的であった。

勿論「意匠・統括」の設計士が専門分野の設計内容を確認するのだが、確認申請業務は元請の設計事務所名で申請することになるので、結果として「構造」「設備」などの専門分野の設計士は確認申請上顔が見えないことになる。

今回の改正により一定規模を超える建築物には新資格者による高次元のチェックとその責任が明確に付与され、「意匠・統括」設計者と共に設計書への押印が義務付けられる。
ことにより専門分野での偽装を抑止することになるというのが改正建築士法の大きな考え方である。

今回の法改正により建築士の職能が適性に判断され、社会的地位向上と信頼感が増すことを願っている。

投稿者 システム管理者 :

2007年1月30日

建築確認期間

一級建築士

耐震偽装問題以降、建築確認の審査日数が長くなったように思う。特定行政庁に申請した場合の審査日数は本当に冗談だと思えない位長い。
偽造事件以前は民間だと2週間程度、行政でも1ヶ月もあれば審査が終わっていたように記憶しているが、最近は民間の指定確認検査機関で約1ヶ月弱、特定行政庁による審査は長ければ約2ヶ月と言われてしまう。
これは構造の審査を担当する人材の不足に起因する現象だと言われているが、本当にそうなのだろうか?以前はどうなっていたのか?対策が講じられることを期待したい。

投稿者 システム管理者 :

2006年9月15日

学科試験の発表

一級建築士

本年度の一級建築士学科試験の合格者が発表になった。今年の受験者数は40,950人。合格者は4,099人。約10%の合格率だった。

一級建築士試験は学科(一次)と設計製図(ニ次)からなり、例年の合格基準点は67点。

試験は絶対試験だといわれているが、試験もとの発表を見ると案の定基準点の補正が入り今年は63点が基準点となっているようだ。

ちなみに昨年、一昨年は約25%の高合格率。例年でも15%~20%が合格しているので、今回の結果だけをみても今年の学科試験は相当厳しいことがわかる。

上述の内容を勘案すると今年誕生する一級建築士は3,000人を切るかもしれない。

昨年世を震撼させた耐震偽装問題の発覚により、建築界はそうとうな打撃を受けた。国土交通省も一級建築士試験を難しくすると正式に発表している。そして建築士の資格制度も変わりそうだ。

昔は一級建築士の資格は「足の裏についた米粒」だといわれていた。取らなくては気持ち悪いが、とっても食べられないという意味だが、これからは「是非、足の裏に付けたい」資格になるかもしれない。

今後ますます試験は難しくなる。建築士を目指す方は早めに資格をとることをお勧めする。

投稿者 システム管理者 :

2005年10月17日

今年の課題文にびっくり

一級建築士

「既存部」の活用と「既存樹木」の保存には正直驚きました。近年の課題文には必ず何かひねりがありますネ(泣)。既存部の活用は1986年にも出題されたことがありますが、その建物は敷地の端でした。本年度の課題文の既存部分は敷地のベストポイントにしっかり配置され、「主要構造部は撤去してはならない。」と要求されていたことが受験者を悩ませたのではないでしょうか?但し、それだけクリアすれば、多目的広場のポジションや主出入口の位置なども比較的絞込みやすく、建物のボリュームにも余裕があり、しっかり勉強した方には、比較的簡単だったのではないでしょうか?(そうでもないかな?)
さて、既存部分に吹抜けをつくってしまい、今頃悩んでいる人が大勢いるかと思います。確かに大きな減点はされると思いますが、個人的にはそれが失格要因になるとは考えていません。その他の箇所も含め悩んでいる方も沢山いらっしゃると思いますが、設計製図試験は絶対試験といわれていますが、私は相対試験だと思っています。全体的に見ると今年の試験問題もそんなに簡単ではなかったと思いますので、ボーダーラインはかなり低くなることが予想されます。試験日から日数が経過していますので、皆さんの記憶もだんだん曖昧になっていると思います。また、採点される方の差異も若干はあるでしょう!
何が言いたいかともうしますと。「もうだめだと思わず、多少なりとも期待して年末の発表を待ちましょう!」ということです。
私もそうでしたが、こらからの発表までの期間、悩んでばかりいても仕方ありません。ちょっと期待しながら、日常の仕事をこなすのも、イイのではないでしょうか?
あくまでも、個人的な意見ですが・・・。
皆様の合格をご祈念申し上げます。

投稿者 システム管理者 : | トラックバック (1)

2005年9月 6日

5時間半で!?

一級建築士

一級建築士製図試験は5時間半という限られた時間の中で、課題文としてあたえられた文字を設計図書に置き換えるものです。
課題文には通常業務でいうところの施主からの要望事項と成果品目録が書かれています。
通常業務の中で、これを5時間半でまとめることはありえませんし、もしそういった業務があってもまずやり切れる訳がありません。
そうとう特殊ですが、それが一級建築士製図試験なのです。5時間半の内訳としては、課題文の読み取り15分、エスキス120分、作図180分、最終確認15分位がよいと思いますが、ひとつひとつの中身を考えてもこの時間内で、課題を解くには相当な訓練が必要だと思います。
試験前にとにかくいっぱい課題を解いて、エスキースと作図をスピードアップすることが合格への近道だと思います。
日常業務でもこの位のスピードでものが出来上がってくると楽なんでしょうね。でも、絶対にありえません(泣)。
今年の試験日まで後1ヶ月少々です。皆さんがんばりましょう!

投稿者 システム管理者 :

2005年8月27日

地震男?

一級建築士

7月22日、建築技術教育普及センターは、1級建築士「設計製図」試験の課題を「防災学習のできるコミュニティ施設」と発表しました。昨年から今年に掛けて多くの自然災害が発生していることや、国土交通白書でも「災害に強い国づくりを目指して」と題し、自然災害への対応と新たな施策の推進について報告していることから、この課題を提起したと考えられます。
7月23日は関東で、8月16日は仙台で比較的大きな地震が発生し、さらに8月21日にも新潟で地震がありました。関東と仙台で地震が発生した時、私はちょうど実家に帰っていて、地震をつれてやって来る「地震男」と呼ばれてしまいました(泣)。但し、先日の新潟の時は実家ではないところにいましたヨ。
そんな事はどうでも良いのですが、その他の日本の地域も今後30年以内に震度6弱以上の地震に見舞われる可能性は高いと政府の地震調査研究推進本部も発表していることから、試験だけではなく、現実にもこの施設の整備は急務であり、私たち一人一人が自然災害に対して、日頃から学習しておくことは非常に重要だと思われます。
災害時などにおける近隣住民の助け合いの信頼度が高いほど、その地域は「住みやすい」と感じる人が多く、災害時の信頼感や地域コミュニティが住みやすさに大きく影響しているらしいです。(何かに書いてありました。)
さて、少々前置きが長くなってしましましたが、今年の1級建築士の試験課題は、「防災学習のできる」となっている事から、今年の課題はコミュニティセンターが主体で、防災学習の場はサブであると考えられます。
そして、防災学習の場は上述した「住みやすさ」より、地域住民の防災意識の育成などを目指した体験型の施設が考えられるのではないでしょうか。「防災学習のできるコミュニティ施設」どんな課題になるのでしょうか。

投稿者 システム管理者 :