2014年4月24日

コトをデザインします「家をつくろう展」

建築家5人(石井秀樹、杉浦充、都留理子、長谷部勉、村田淳)が集まりつくった「家をつくろう」による「家をつくろう展」初日が無事?に終わりました。

この団体を「家をつくろう」と名付けたのは、「家を買う」という行為に対しての反語であり、モノでは無くコトをデザインしようという我々の想いの表れでもあります。

モノを所有するという次元においては、「買う」も「つくる」も結果としては、同義になるかもしれませんが、「つくる」はそのプロセスをより明確に見える化するとともに、楽しい時間に変えてくれるはずです。

そして、コトは完成後においても、住まい手の生活に作用し、人生に豊かさを付与することに繋がると思います。

さて、そんな想いをカタチにした「家をつくろう展」初日には沢山のコトがありました。

まずはオバマ効果による、交通渋滞。移動が遅れ準備が遅れ、オープンの13時を過ぎてもまだ準備中というコトが起きました。いっそのコト展覧会名を「展示をしよう展」に変更しようとも考えましたが、無事?に15:00完了!。オープンと同時にご来場いただいた皆様には大変失礼をいたしました(汗)(でも、密かにそれも面白いと思ってしまいましたので、次回は初日は皆さんにお手伝いいただく、「展示をしよう展」にする可能性もあります。)

次に、メンバーの杉浦さんに第二子誕生!という嬉しいニュースが舞い込み「子供を産もう展」に変更しようと・・・(略)当然、杉浦さんは「生まれそう」という連絡により、病院に駆けつけ、準備時間にはいなかった訳で、それも準備の遅延に繋がり「展示をしよう展」に繋がる訳です(嘘)

夕方になり、今回の主催者である一般社団法人「建築家住宅の会」の理事長が来てくれました。その時には展示は整っていた訳で、上述したような行為は理事長にバレることなく、さわやかに記念写真。

140424_600.jpg

という訳で今日も一日コトをデザインしてまいりました。

展示会そのモノもコトをデザインするコトに繋がり、大変有意義な一日でした。明日以降は準備が整っておりますので、「家をつくろう」という展示をバッチリ鑑賞いただけます。明日は10:00〜19:00まで、夕方は建築家住宅の会の理事が何人か来場し、その後、「みんなで飲もう展」になる予定です?

この展覧会は様々なキッカケも与えてくれました。遠方から来てくださった、一緒にコトをデザインすることになるであろう方、家づくりについて語りあえる同業者の方、通りがかりにふらっと立ち寄り、コトの豊かさに気付いてしまった方、そして手伝ってくれたスタッフ。

本日ご来場いただいた65名(関係者を除く)の方全てに感謝し、明日に備えようと思います。これからご来場予定の方。お待ちしております。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2014年4月24日 23:24