2013年2月25日

老朽化しているインフラの再生は可能か

先日起きた浜松市第一弁天橋の崩落事故。笹子トンネルの天井板崩落事故と異なり知らないヒトが多いが死亡事故にならなかったので報道されなかっただけ。インフラの老朽化はやはり着々と進んでいる。
前記したのは東京商工会議所で開催された東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻(PPP研究センター)根本祐二先生のレクチャーの冒頭でうかがった内容。朽ちるインフラ問題は間接的にうかがっていたがこれからの都市を考える上で外せない内容。詳しくは書籍「朽ちるインフラ」記載されていると思いますが備忘録として簡単にまとめる。
1930年代のニューディール政策によりインフラへの投資が積極的になされていたアメリカがインフラ保全重視の政策に転換したのは約30年前。日本はアメリカから30年程遅れた1960年代にインフラへの投資を始めたのでそろそろ保全重視型に転換して行く時期になっている。
インフラが荒廃すると都市が荒れる。橋梁、トンネル、道路、河川など...沢山のインフラがあるが、そのうちの橋だけでも全国には69,900ある。これからは古い橋が沢山でてくるので十分にメンテナンスされていなければ今回のように落ちる。しかしそのメンテナンスにかける財源は不足している。
橋以外のインフラもつくられた時期と量をグラフにするとその全てがピラミット型になっている。したがってメンテナンスにも過去と同じ山ができるが高齢化により社会保証費が増大し収入が減少した現代における公共投資予算で増大する需要をまかなうという矛盾が起きる。
コンクリートからヒトへという民主党の政策は間違っていたのかもしれない。社会保障費も削れないし公共事業費も削れないのであれば別の財源を用意する必要がある。消費税の増税ではなくても良いが普通に考えれば増税は必至か?
自治体の財務状況を独自に検証してみるとそのほとんどが健康ではないらしい。見かけが良いまち程危険だとか。よって処方箋が必要になる。首都圏の自治体はなかり危険な状況なのだろう。オガールプロジェクトや鶴ヶ島プロジェクトはその処方箋になり得るものだと思う。
行政にはマネジメントが不在。だからこそ民間企業のような合理的な設備投資の手法が必要になる。また事故が起こると自治体も管理者責任を問われることになる。バランスシート改革が必要。じゃないといつかまた重大な事故が起きる。責任をまっとうするために国を潰して債権放棄していただかなくてはならなくなる。
かつてのインフラへの過大な投資は右肩上がり経済状況だったので成立していたが、これからの縮退化する社会においてケインズのような公共事業拡大型の政策は借金がどんどん増えて行くだけだし身の丈を超えた投資が負債を増やすだけ。これからは身の丈の中でやって行く必要がある。
学校は統廃合しながら多機能化し、公共施設を大幅に削減する。公共下水道の計画は途中で取りやめ合併浄化槽により分散的に処理して行く。そしてその計画を行政の総合計画に描いて行くことができればトップが変わっても追従できる仕組みになる。
学校を統廃合して行く時、思い出をが無くなるという意見がでるが、記憶は別の時限でする必要がある。隣の区にあるものは使わせてもらう。自分の区になるものは貸す。枠をはめてはいけない。学校の統廃合にもシェアの概念が必要。
事後保全では人が死ぬので行政は予防保全に切り替える必要がある。予算が捻出できないなら予防保全を民間に委託して行くことも必要。事後保全費用が無くなるのでトータルコストも下がる。
総じて所有から利用への切り替えについていけるかどうかが大切になる。大掛かりな対応ではなくボクのような個人でも情報発信だけはできる。これからの建築は多機能化と選択可能性がキーワードになるのか。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年2月 9日

建築パーティー

130209_山下.jpg

昨日は学生主体のイベント「建築パーティー」に参加し山下保博氏(アトリエ天工人)のレクチャーを拝聴。氏は以前から建築の領域に捕われず、異なる業態を横断しながら建築をつくる大変アクティヴな建築家だと認識していたが、その活動は更に拡張していると感じた。

建築を建築の言語で語る時代に於いては異端者として見られがちだった氏だが、建築と社会の関係が明確に変わった現代に於いては、氏の様な活動こそが王道なのかもしれない。我々も変わったはずだが、まだ枠に捕らわれているならその枠から飛び出さなければならない。社会が変わっているのだから。

建築を通して社会をデザインする。という氏のスタンスは以前から一貫している。そして「この指止まれ方式」の組織を作り、フィルターを共有する巻き込み型の方法論はいろんなコトをドライブさせる。本当に凄いパワーだ!ボクも身につけたい!

レクチャーは「過去や場所を振り返り未来を見ること。」という学生へのメッセージで締めくくられる。また生活者視点で考えることを意識しているという発言にも我を振り返ってみたり。これからの建築家の在り方を考える良い機会になりました。山下さんありがとうございました。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年2月 8日

GAの視点

130208_GA.JPG

東大建築学科にて二川由夫氏のレクチャー「GAの視点」を拝聴。

パソコンの設定等レクチャー開始前の準備が終わるまでの間に二川氏と隈氏の対談が突然始まる。その場で隈氏は「メディアと建築家は深い関係にある」といい、「マスメディアとしての近代建築ーアドルフ・ロースとル・コルビュジェ」ビアトリス コロミーナ (著)、松畑 強 (翻訳) 鹿島出版会を紹介してくださった。F.L.ライトがかつてフォトジェニックな建築をつくり、世界的に流布していったという話を思い出す。建築は実物を見なければわからないが、写真等で紹介されなければ、存在さえも知られないことにもなる。やはりメディアと建築家(または建築)は深い関係にあるのだろう。お恥ずかしいが、まだ読んでいない書籍だったので、早速読んでみようと思う。

レクチャーは二川氏が最近取材された幾つかの建築写真がスクリーンに投影されるとともに解説しながら進んだ。「時間を超え、異なる価値を横断しながら記録する」という二川氏のコトバを聞いた時には、最近は気になる特集の時だけ購入していたGAの定期購読を再開しようと思った笑

当然ながら二川氏は高名な写真家である実父幸夫氏の影響を受ける。誕生日プレゼントが幼稚園の時はT定規と製図板、小学生の時は磯崎新氏のサイン入りの書籍「空間へ」だったとう話をうかがった。有名な話らしいが、それは羨ましくある一方でそうとうプレッシャーだっただろうなと思う。でもうらやましい。そんな二川幸夫氏の展覧会「日本の民家一九九五年」が3月24日(日)まで、汐留ミュージアムで開催されている。こちらも近々うかがいたい。

少々話が脱線したが、そんな建築の英才教育を受けた氏のことば「建築は実際に体験しなければわからないし、WEBサイトや書籍を見て体験した気になるのには大変な問題がある。現物を見て下手でもスケッチし、空間の構成を理解すること」というのには大変な重みがある。建築が多様化しリアリティが希薄になった時代にこそ、「社会と建築」あるいは「自然と建築」の関係の結び方が重要になる。最近は生成時のプロセスを見せることに重きを置く傾向もあるが、出来上がった実物には建築としてのチカラが必要だと思う。良いものを沢山体験し、それらを集積することがやはり良い建築をつくることにつながるのだろう。ボクも写真に映せない建築をつくり二川氏と戦いたい。

建築のチカラが弱くなりつつある現代において、このようなレクチャーを拝聴する機会をいただいたことは、ボクの人生にも影響するかもしれないと思う位、素晴らしく感動した。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年2月 6日

事務所登録更新

130115_建築士事務所登録通知書.jpg
2回目の一級事務所登録更新。初回の事務所登録から10年が経ちました。沢山の建物を設計させていただき、日頃から弊社を応援してくださっている皆様のおかげだと大変感謝しております。
次回の登録更新は平成30年(驚)ますます精進いたしますので、引き続き宜しくお願い致します。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年2月 2日

卒業設計講評会

東洋大学理工学部建築学科の卒業設計講評会に審査員として参加しました。学生の皆さん、先ずはお疲れ様でした。講評会に選出される作品は10作品。事前に開催された教員による採点会で高得点だった10作品が土俵に上がるという仕組み。当日はその各々について作者がプレゼンしそれに審査員が講評するという流れで進められました。しかも今年は新しい試みとして公開形式。
私が事前採点会で1位にした作品は全体講評会では9位からのスタートとなったのは民主主義の縮図。ただしその順位は講評会の発表順のようなもので、当日はその順位にとらわれることなくフラットに講評されます。そして最終結果は毎年異なるというのがこの講評会の特徴。
130202_卒業設計.jpg
写真左は審査会の様子。プレゼンだけではなく審査会も公開される形式で進められたので発表の前に各賞がわかってしまうというところだけはなんとかしていただきたいと思いますが、順位の入れ替えから審査基準まで全てがオープンという形式はなかなか面白い。ただし来年は各賞の決定だけはクローズで進めると発表時が盛り上がり、さらに楽しい講評会になるのではないかと思います。
それぞれへのコメント等は時間の関係もありこの場ですることは出来ませんが、大変有意義な一日を過ごすことが出来ました。
写真左は各賞発表後の懇親会。審査会についての質疑や、惜しくも講評会に選出されなかった作品へのコメントなどをしながら。
学内での卒業設計各賞は決まりましたが、これから学外のコンテストが幾つかあります。東洋大の学生がその場でも活躍できると嬉しいですね。
そして、卒業。これからが本番です(笑)
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :