2013年1月28日

インフラ調査

130128_suwa600.jpg
インフラ調査のため下諏訪町役場へうかがいました。
インターネットの検索がヘタみたいでなかなかヒットしませんが写真の庁舎は1970年頃石本建築設計事務所が設計した作品だと思います。有名な建築ではないと思いますが凛々しい建築です。
調査で詳細がわかったので出来るだけ早く諏訪の家の工事に取り掛かりたいところ。雪解けが待ち遠しい今日この頃。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月20日

BBQ

大寒にBBQ。我慢大会か?との噂もありますが、大真面目です。
幹事さんありがとうございました。今度は暖かくなってから笑
130120.JPG
※写真に写る人物は記事とは関係ありません。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月15日

最終講評会

東洋大建築学科設計製図Ⅱ最終講評会はゲストにメジロスタジオの古澤大輔さんを招いて開催されました。当日は事前打合せから換算すると12時間超の長丁場。レクチャー>30選→10選>最優秀賞選出>打ち上げ>二次会>三次会>その後は知りません笑。というスケジュール笑。古澤さんを招いたのは課題の敷地が目白だったからメジロスタジオだと思われる方もいらっしゃると思いますが(←そんな訳ないか笑)、それが理由では無く、課題の目的のように新しい住まいのかたちを新しい手法により実践されている建築家であるというのが理由です(←あたりまえですが笑)。

130115_02.JPG

講評会では「二年生もこの時期になるとコトバを持つ」いう藤村龍至先生のコメントが印象的でした。そして「家族をリスタートするには、住居もリスタートする必要がある」と語った学生の作品が最優秀賞に選出されました。作品も重要ですがそれを的確に伝えるコトバもやはり重要ですね。最優秀賞に選出された作品は同時に「住宅課題賞2013」入選ということになります。住宅課題賞は首都圏の大学から沢山の課題作品が集められ、課題とその作品が評価されるイベントです。秋に開催される住宅課題賞の結果がいまから楽しみです。ちなみに今回の課題タイトルは「家族をリスタートする住宅」。簡単に説明すると変則家族と大量にあるものの多様な関係を考えるというものでした。

講評会の前に行われた古澤氏のレクチャーでは「異なる価値観と同居する」と云うコトバに次なる建築家像を垣間見ることができました。ボクも独りよがりにならない様気を付けているつもりですが、改めて考えさせられます。ここでもコトバが重要だと重ねて感じる一日でした。

130115.JPG

またメジロスタジオの作品を振り返ると同時に現在進められているプロジェクトを紹介しながら語られた方法論は、我々が学び実践しているそれの枠を飛び越えたものでした。今までなされなかった方法を見た時にひとは違和感を覚えるのかもしれませんが、それはきっと新しい方法論だからだと思います。それを実践するためにはいろいろ障壁もあると思いますが、枠の中で収まっていてはなかなか新しいことは出来ません。時代も進むのだから方法論も変わってくるはず。メジロスタジオはその中を突き進む感じだと思います。ボクも変化して行かなければなりませんね。

最後に学生へ この学期は幾つかの手法で設計を進めましたが、設計の手法は沢山あります。そして自分の方法論は自分で考えるものだと思います。既存の枠の中で収めようと思わないで最適な方法論を探し出してください。また、この時期の力量は僅差だと思います。今年は沢山気になる学生がいました。どうか「勝っておごらず、負けてひがまず」という気持ちで春休みを過ごしてください。皆さんお疲れ様でした。そして古澤さんありがとうございました。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月14日

吹雪

東京の成人式当日は15年ぶりの雪。あ~あ当時が懐かしいなぁ~と書くと自身の成人式が15年前だったように勘違いする方もいらっやると思いますが、そーではありません。そしてそんな細かいことは気にするものではありません(←キッパリ)
そんな雪の日は自宅に引きこもるのが一番だと思いますが、予定があり新宿のハイアット・リージェンシーへ。なんとか予定通りたどり着きましたが新宿は単なる雪ではなく吹雪。
吹雪の中見る都庁なんてめったに無いと思いパチリ。
130114.JPG
外は生憎の天候でしたが、暖かい室内では、目出度いパーティーが開催されていました。
>某方面へ 今年はバッチリ結果を出して、来年はこの場所に一緒に行きましょう!
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月13日

出雲大社

平成の大遷宮の真っ只中にある出雲大社に立ち寄る。山陰地方は晴天率が低いが日頃の行いが良いせいか晴天。
工事中の為、本殿に近寄ることは出来ませんでしたし、庁の舎(ちょうのや)も本来の使い方がなされていなかったので、そのうち再訪しようと思います。

130113.JPG

写真は故菊竹清訓氏の最高傑作と云われる東光園。少し脚を伸ばして見学に行きましたが。実物を見ることができて本当にうれしかった。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月 7日

年賀状

2013_年賀状sub.jpg
年賀状は年が明けてからしたためたかったと云う理由が通用するだろうか。。。本日投函しました(汗)
もちろん真心を込めて。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月 4日

初詣

湯島天神に初詣へ。ありふれているかもしれませんが大切な商売繁盛のお願いをしてから、おみくじを引く。
130104.JPG
正月くらいは大吉を多めにセットしていただけるとありがたいのですが中吉。
内容をまとめると、落着いて真心を込めて進めると良い結果が得られるとのこと。
あたりまえのことかもしれませんが、今年はじっくり慌てず真心を込めて進めることにします。
引き続き宜しくお願い致します。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2013年1月 3日

富士山

年末年始は山梨の実家へ。例年は1泊程度で直ぐに帰京していますが、今回は書籍を幾つか持参しゆっくりしてきました。
残念ながらボクの初夢は仕事の夢。富士山も鷹もなすびも出てきませんでしたが、天候も良くリアル富士山が良く見えました。
130103.JPG
そんな訳で、きっと今年は素晴らしい年になるはず。(脈略はありませんが...)
ボクが素晴らしい訳ですから、今年私とお付合いする人もきっと素晴らしい一年になるでしょう(笑)
ますます精進いたしますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :