2013年6月24日

住宅にまつわる税金とか

設計者として家づくりに携わる時には空間の質を向上させることにこだわる。どんなことでもないがしろにはしたくない。それから技術的な知識を持ち品質や性能を確保することにもこだわる。いずれかでは片手落ちだと思う。さらに住宅を資産として考えると「住宅取得資金贈与の特例」「基礎控除」「相続時精算課税制度」「小規模宅地等の特例」等、さまざまな税制度に詳しくなる必要がある。建築主と共に家づくりに携わるのだから、我々は全てを網羅しなければならないと改めて思う。最近はこれに消費税問題も加わる。なんだか所信表明みたいになりましたがご容赦ください。国税局タックスアンサーに電話しながら、今日はそんな日になっています。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2013年6月24日 16:04