2012年12月24日

芹沢光治良記念館(旧芹沢文学館)

林立する松林を見ると叔父を訪ね毎夏の様に訪れた沼津の海岸を思い出します。先日訪れた我入道海岸の防風林を見て嘗ての記憶が蘇るような体験をしてきました。だから何?と思うかも知れませんが、体験が蘇った瞬間というのはそれはそれでボクにとっては貴重な時間だった訳です(笑)

121224_02.jpg

さて、海岸は大変美しく子供の頃は海ばかりを眺めていたような気がしますが、建築に興味を持つとその風景も変わって見えるものです。防風林の外れには故菊竹清訓氏が設計された芹沢光治良記念館(旧芹沢文学館)がひっそりと建っていました。

121224.JPG

スルガ銀行三代目頭取岡野喜一郎氏が発注者となり1970年に建設された芹沢文学館は、2009年の春に沼津市に寄贈され、同年10月に沼津市芹沢光治良記念館としてリニューアルオープンした市民活動を支援する機能を備えた展示スペースです。

公開スケジュールの確認をすることなく突然伺ったこともあり生憎休館日でしたが、入口で途方に暮れていると、館内に人影が。だめもとでお話させていただくと公開準備中の館長に内部をご案内いただけるという幸運に恵まれました。

松林の中に林立する4つの単位空間で構成されている旧芹沢文学館が風景と呼応する様子は実際に訪れてみると格段に良く感じられることになると思います。単位空間の1つに内包された螺旋階段も是非体験していただきたいと思います。また、屋上に上がると故大高正人氏が設計された「風に鳴る石碑」も臨むことができます。見学の際にはそちらもお忘れなく。

見学した後、事務所に戻り当時の新建築を見ると担当が富永譲氏だったことを知りました。菊竹事務所のOBは活躍されている建築家が本当に多い。日経アーキテクチャー最新号(2012.12.25)でも菊竹事務所が特集されており、友人の建築家である某鹿田氏の姿を見かけるなど(←内輪ネタで失礼いたしましたorz)

今までは芹沢文学友の会が主体となって運営していたこともあり、紹介される機会も少なかった旧芹沢文学館ですが、市に寄贈されたことや、今月発売された「菊竹清訓巡礼」にも掲載されているので、今後は来館者が増えることになると思われます。

この様な貴重の機会をいただいた館長に感謝しています。天才建築家と呼ばれる故菊竹氏の足跡をたどることは今後も必要になるだろうということで「菊竹清訓巡礼」を購入し、ますます精進してゆきたいと思います。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2012年12月15日

「東村山の家」設計:石井秀樹建築設計事務所

今日は出勤前に石井秀樹建築設計事務所が手掛けた「東村山の家」の内覧会へうかがった。

掻い摘んで説明すると、この住宅は敷地いっぱいに拡げた渦巻く空間ヴォュームを三つの庭を点在させることにより抉り獲り分節化するという手法を用い、メタファーとしての路地性を空間化しているというものだと思います。

121214_ISH.JPG

点在する庭が幾重にもなりながら領域を曖昧にすると同時に規定している様や微妙に螺子られた天井面が内部空間を再度統合しているといったアンビバレントさは氏の狙い通りになっているのではないかと思いました。

残念なことに今日は曇り空だが晴れの日には様々な光が入り込みそれらがよりいっそう際立つことが想像できます。

住まい手のことを第一義に考えてる氏のスタンスが現れている住宅ですから、住まい手の夫婦はきっとこの住居で豊かな暮らしを楽しめると思います。

沢山の写真を撮影させていただいたが、カメラの設定を間違えていてほとんど使える写真が無いのも残念だがしかたない。

総じてそれらを具現化するためのディテールや外界への作用も含め大変参考になる作品だと思いました。基調な機会を賜りました。ありがとうございます。

長谷部勉

13.01.06一部表現を修正致しました。

投稿者 システム管理者 :

2012年12月 7日

卒業設計エスキス #1

鶴ヶ島プロジェクト「公共建築から考えるソーシャルデザイン」の展示会場にて卒業設計のエスキスをしました。鶴ヶ島プロジェクトのヒストリーが写しだされるスクリーンの前に用意されたテーブルに教員が一列にならびエスキスする様子は一見何かの相談会が開催されている様でした(笑)。

何をしているのか気になった方にこの場を借りて報告(笑)。エスキスを公開で開催するという手法からは教育の方法論を見直そうとする気概が感じられます。きっと卒業設計の講評にもあらたな試みがなされるはずなので教育関係者はマークしておく必要があると思います。

121207.JPG

会場の様子は↑な感じで我々も緊張させらるた(笑)。エスキスに参加した学生はこのプロジェクトを体験したからか例年と比べ5w1h的なモノはしっかり考えられていたという印象だった。ただし思考の深さと多角的視点が欠如しているのは否めません。その辺りを今後修正して行くことが成果品のクオリティ向上に繋がると思います。

さて、せっかくなので学生のエスキスをみた印象を少し書いておきます。心当たりのある方は参照されたし。

社会学的な危機に直面している場合はそれなりにインパクトを持つ戦略を立てなければその流れを食い止めるコトができない。そこでデュアル・タイプのストラテジーを立てるという方法もあるのではないかと思います。

あたりまえですが固有の場所に提案する建築はその場所固有のモノでなければならないと思います。地域の現状を嘆くのではなく、それを良い方向に転換する建築をつくっていただきたいと思います。きっとそれは地域社会の下部構造をデザインする「ソーシャル・アーキテクチャーとしての建築」にも繋がるコトになると思います。今後の展開も含めこの機会に熟考していただけると幸いです。

最後に、今回のエスキスは進み具合もまちまちなため、設定の検証から設計方法論まで多岐に渡るモノだったし、時間も限られていたコトから十分な内容にはならなかったかもしれませんが、個々の作品に少しでも良い作用をもたらと嬉しく思います。

次回のエスキスは12月21日(土)です。2月2日(土)の講評会も含め、今後の展開がますますたのしみになりました。

さて、仕事に戻ります(笑)

長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2012年12月 2日

現調

我々は現地調査を略して「現調」と呼ぶことが多い。(前にも書いたような気がしますがw)今回は目白の敷地の現調に!
121202.JPG
土地の区画形質は整形で都心における住居の敷地としは良くありがちなモノだと思いますが土地面積は約230㎡(約68坪)と大きい。
また、写真でもわかるように遠景>中景>近景>個人領域の認知距離は比較的わかり易いと思われる。ただし、住まい手は再婚同士の夫婦とその家族と親族合わせて7名と複雑。動物や植物、1万冊の蔵書やグランドピアノやギター10本などの持ち物は多く、集まって住む価値、ケンチク-モノ-ヒトの関係、家族など設計にあたって考えるテーマは複雑。。。

今回は実際のプロジェクトではなく、大学の課題のハナシです笑。学生諸君と共にこの住居を考えて行きたいと思います。そして、こうして常に考えておくことが実際のプロジェクトを円滑に進めることに繋がるとボクは思っています。というわけで都心の住居の設計依頼をお待ちしております。お気軽にお声掛けください笑
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :

2012年12月 1日

ゴーストノーツ2012

今年で結成6年目を迎える建築家バンド「ゴーストノーツ」のライブにうかがった。昨年に続き2回目の拝聴。このライブを聴くと年末だなぁ~と思うのは私だけでしょうか?
121201.JPG
来場者が180人を越えたらしい。凄いアマチュアバンドだと思う。ギターを練習してなんとかステージの上にともに立ちたい!(実際にはヘッポコなのでしばらくはムリかな。。。)
長谷部勉

投稿者 システム管理者 :