2012年5月27日

江古田の集合住宅/設計:谷尻誠

谷尻誠/SUPPOSE DESIGN OFFICEさんが設計した「江古田の集合住宅」のオープンハウスに伺った。
120527.JPG
集合住宅は道路付きや方位などの敷地の条件を基に日照や通風などの居住域の快適性、採光や形態制限といった法的な内容を考慮し計画される。近代における一般的なそれは開放性を考慮し道路に面してバルコニーを設け、矩形の空間を意識した間口寸法や必要な面積を基に計画されるコトになる。
今回の様な変形敷地で居住性を確保しながら収益物件としても合理的なモノを計画するという行為は我々が想像する以上に難儀なモノだったと思われる。
見学させていただいた「江古田の集合住宅」は前記した居住性や敷地の条件等に対し、開放性のある道路側に極力多くの居住域を隣接させるコトにより間口が広く快適な居住空間を確保し解答していた。
また、所謂「二室一室」の緩和規定を採用するコトにより法的な条件を満しながら、異なる性質を持った二つの空間が用意され、住まいての多様な行為を許容するコトが容易に想像できた。
外周に面する空間は外部空間の様な開放性を持ちながら内部空間に求められる機能も併せ持つ中間領域を創出し、住居としての機能を満しながら豊かな空間をつくりだしていたように思う。
上階にいく程に薄く小さくなる躯体は、建物と大地との関係性を担保しながら空に近づく程に開放性が増大する空間をつくり出していた。最上階にあらるオーナー住居はそれらをもっとも感じるコトが出来る気持ちいい空間として成立していたと思う。
オープンハウスに一緒に行った仲間からは1階の部屋で外界と積極的に関わり合う生活をしてみたいという意見や、最上部のロフト的空間でネコの様な生活してみたいという意見もあった。
総じて今回の集合住宅は変形敷地における一つの解答になり得ると思った。また谷尻さんらしい明快で気持ちの良い空間が出来上がっていたと思われる。貴重な機会をいただいた谷尻さんに感謝したい。
沼袋駅から建物の間にある商店街もなかなかであった。気になるお店が沢山あったが、時間的な制約も
あり、帰りにモヒートを飲みながらたこ焼きを食べるコトが出来なったのは大変残念である(笑)
長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2012年5月27日 23:20