2011年10月29日

パネルディスカッション

10月29日(土)に東洋大学川越キャンパス50周年記念パネルディスカッションが開催されました。
主催は建築学科とOB会。私はOB会の副会長をさせていただいているので今回のイベントは主催者側。

イベントは本学で1964年から1969年まで教鞭をとられた原広司先生の基調講演「建築活動と大学」から始まりました。
その後のパネルディスカッションは「東洋大学での建築教育をめぐって」と題して、ボクの恩師でもあり、1978年から1991年まで本学に在籍された布野修司先生、第一期生の武部實氏、現在も教鞭を取られている工藤和美先生を交え年代毎に当時の様子を振り返りながら、これからの建築教育のあり方を議論していただきました。
モデレーターの藤村龍至先生の素晴らしい進行もあり、参加された皆様はきっと多くのきずきと勇気をいただけたと思います。
111029.JPG
大変貴重な機会をいただけたことに感謝しています。ありがとうございました。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2011年10月29日 23:12