2011年10月11日

message in a shelter

10月から秋学期が始まりました。設計製図Ⅱの第一課題は「ダンボールでつくるシェルター」素材の性質や構造特性を理解しながら人間が内部で行動可能な空間(覆い)を設計して施工する課題。
写真は今年のボクのスタジオの作品「ザ・とん寝」寝るという行為を内包するシェルターである。他のスタジオもあわせると9つのシェルターが一週間程で設計施工された。
111011.JPG
ボクのグループは限らせた支給材料で大きさを確保する為に素材の使い方にムリがあったようだがなんとか出来上がった様子。
この課題を通して材料の特性が理解できたのなら良しとしよう。
第一課題がグループ課題だったが来週から始まる第二課題は個人課題になります。
これからの進歩に期待したい。
長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2011年10月11日 21:43