2010年6月 2日

環境負荷低減?

建築物の環境負荷低減は重要なことではあるが、現在ためされているもののほとんどはLow-E複層ガラスや高断熱化といったモノにより内外の境界を強化し堅固な人工環境をつくりあげ、そこにソーラーシステムなどの装備を施し、自然エネルギーを利用するといったものである。

これは本来自然の一部として自然を感じていたい人間にとって本末転倒なものなのかもしれない。

自然物と人工物は別々のものではなく、フラクタルに交じり合いながら調和を持って共存するべきなのだと思う。
100602.JPG
打合せ前に立ち寄った吉祥寺のカフェから見えた風景はまさにそんな趣(ちょっと極端か???)でした。

長谷部勉

投稿者 システム管理者 : 2010年6月 2日 20:03