2006年3月28日

「三鷹M計画」設計:STEREOGRAPH

賃貸住宅+店舗+オーナー住宅からなる「三鷹M計画」のオープンハウスに行って来ました。設計者は岡田彩子さん(STEREOGRAPH 代表)施工者は春原工務店(東京都墨田区)です。岡田さんのオープンハウスに行く時は、いつも天気が良く気持ちいイイ日ばかりです。岡田さんは「晴れ女」だと思います(笑)。

060325_001.jpg

さて、建物は成蹊通りからチョット内側に入った住宅街にあります。中庭を挟み賃貸部分とオーナー住居が一体感のある外壁により1つの建物として計画されています。住宅街のスケールの中にある20mを超える外壁は結構迫力があります。

060325_002.jpg

オーナー住居はリビング上部にある吹抜けを介し2階にある個室が繋がる開放的なものでした。リビングに設けられた階段も軽やかなもので、空間には一体感と、ほどよいスケールが与されていると感じました。岡田さんらしい優しい空間でした。

060325_003.jpg

南側上部に設けられたハイサイドライトからの光が綺麗でした。まだ、内装工事がこれから2ヶ月程続くそうですが、頑張ってくださいね。いろいろ参考にさせていただく部分も沢山ありました。ありがとうございました。また、お誘いください。

投稿者 システム管理者 :

2006年3月20日

「本箱ブレースアパートメント」設計:アトリエ・天工人

060319_001.jpg

日曜日の午後アトリエ・天工人(代表:山下保博氏)の設計した「本箱ブレースアパートメント」の見学会に行って来ました。
モノトーンに塗られたストライプ上の外観も美しかったのですが、2つの置換システムを考案したことを聞き驚きました。

060319_002.jpg

1つめは鉄骨造のブレース(筋交い)を鉄板で出来た本箱に置き換え「本箱」を構造部材として使っていることです。
鉄板の本箱は家具としてだけではなく、ロフトへの階段としても利用できるそうです。
最上階のオーナー世帯のロフトを含めた空間は天井も高く、本棚の間から部屋が見渡せるので、閉塞感もまったくなく、とても気持ちの良い空間になっていました。

060319_003.jpg

2つめのシステムはサッシなどを外壁パネルにしたシステムです。
通常の工事では、サッシは建具屋さん外壁は外壁屋さんが工事を担当されるのですが、このサッシパネルはサッシを外壁パネルに置き換えていますので、外壁屋さんが外壁と一緒に施工できますので、工事のスピードとコストが圧縮されるのです。すごい!

当日は有難うございました。また、見学会がありましたら参加させていただきたいので、宜しくお願いします。

投稿者 システム管理者 :

2006年3月18日

99坪ハウス プロジェクト

060317_DM.jpg

6.2(fri)オープン予定の建築・デザイン関係の古本屋「国立本店」のプレ・オープン企画として、国立に縁のある様々なデザイナーが参加する展覧会が開催されています。

060317_exhibition.jpg

建築家では寺田尚樹さん(テラダデザイン代表)と笹敦さん(空間システム研究所代表)が「99坪ハウス プロジェクト」と言うタイトル(笑)で「99坪のゆるやかなコミュニティー」を提案しています。これは「最大限住宅」とでも言うのでしょうか?

060317_99G01.jpg


寺田尚樹さんの「99坪ガーデン」は6世帯が入居可能な長屋に屋上ガーデンを組み合わせた提案です。沢山の人と一緒に楽しく住む為のハウスですが、一緒に住むことによる煩わしさは最小限のルールで回避され、ゆるやかな関係が保てるコミュニティー空間の提案でした。

060317_99S01.jpg

笹敦さんの提案「99坪スタジアム」はバスケ好きの家族が集まって住まうスタジアムを内包したハウスです。賃貸部分もあり、バスケに限らずいろいろな趣味を持った人達が集まるコミュニティー空間を提案しています。これも楽しそうですね。

展覧会は3.26(sun)まで開催されています。
「国立本店」は、「国立デザインセンター」の活動拠点であり、「中央線デザイン倶楽部」のコミュニティースペースです。気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

投稿者 システム管理者 :