10 24, 2016

平成28年度一級建築士設計製図の試験雑感

今年の一級建築士設計製図の試験は建築物の空間構成を崩すさまざまな要素を適切に処理し建物全体をまとめあげる計画力が特に求められたように思う。当たり前のことだかこれは国が合否の判定基準として明示している「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」の有無とも連動する。
上述した要素の中でも特に影響が大きかったのは吹抜け等とアプローチの考え方の2つ。もう1つ加えるとしたら屋上広場の「直径10mの円」だろうか。それ以外にもたくさん見受けられがここではその3つについて書きとめる。
まずは吹抜け等。課題文に物理的な指定がある訳ではないので設けなければ平面的なゆとりもできるし計画はしやすい。しかし課題発表時の註釈「パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画」や課題文の冒頭に書かれた「環境負荷低減のため、自然エネルギーを利用し、快適な室内環境が得られるような設計手法(パッシブデザイン)を、積極的に取り入れる」同じく計画に当たっての留意事項に書かれた「自然採光及び自然換気を積極的に取り入れる計画とするとともに、日射の遮蔽にも配慮する。」から庇等による日射の管理は言うまでもなく通風や熱移動及び排熱のコントロールも考えるとやはり光庭あるいは3層吹抜け+屋上の開閉式窓は外せない要素になっているのではないかと思う。庇を設けただけでも良いかもしれないが競争試験だと考えるとやはり弱い。
次にアプローチの考えた方。敷地図に記載された北側と東側の歩道付き16m道路から判断する限りメインアプローチはそのどちらからでも良いと思えるが計画の要点等の記述における「小学校、公園等の周辺環境を踏まえた建築物の配置計画について考慮したこと」や使い易い計画であることも含めて考えるとやはり長辺が接する道路側の中央からとなる。また課題文に書かれた保育所部門の特記事項には「エントランスホールから保育所玄関を経由して、アクセスできるようにする。」と明示され保育所玄関の特記事項には「保育所部門専用とし、乳幼児の保護者が送り迎えを行う。」と書かれていることから保育所部門のアプローチはエントランスホールからのアクセスが取れていれば東側からの直接アプローチの方が適切であると思う。ただしその場合には保育所玄関は東側に寄ることになるので全体構成が崩れないように配慮しなければならない。東側からのアプローチを取らなければエントランスホールも建物中央になり構成は崩れ難くなるのでその辺りも含めて全体を考えた判断が必要になったと思われる。おそらく受験生の解答はその殆どがエントランスホールからのアプローチのみになっていると思われるので東側直接アプローチの計画ではエントランスホールからのアクセスはサブ的に考えても良いだろう。ちなみにダブルアクセスに応じた広さの保育所玄関を設けた場合は保育所部門が2層になったり保育室が西側に向いたりすると思う(保育所部門が2層になることや保育室が西側に向くことが悪い訳でもないが)しそれはそれで良いと思う。また児童館・子育て支援部門のアプローチは「エントランスホールから受付を経由して、アクセスできるようにする。」と書かれていることから事務室②は必ずしも1階にある必要は無く保育所部門を1階にフロアゾーニングすることによりタイトになりがちなエントランスホールにゆとりを持たせるために1階には受付だけを設置し事務室②は2階に計画する方がまとまり易かったように思う。
最後に屋上広場に要求された直径10mの内接円だかこれにより屋上広場は普通に考えると4グリッドで構成され2階の計画に大きな影響を与えることになる。それにより建物の内部構成が崩れる位なら内接円の確保よりも全体構成を優先するべきであろう。
その他に「計画上留意した事項について、簡潔な文章や矢印等により補足して明示する。」などヘビーな要求もあり前述した要素を素早く組み上げエスキスそながら全体を俯瞰し時間をクレバーにコントロールしなければ理想的な解答をつくることが困難だったに違いない。思考が浅くそれらの要素を適切に扱わなかった人には簡単に思える試験だったかもしれないが気付かないまま合格図面が描ける程試験は甘くない。例えたまたま合格図面風なものが描けたとしても良くみれば能力が判定できる様々な要素を適切に処理する能力が試された良い試験だった様に思う。
時間が不足して図面に補足が書ききれなかった方も図面だけで伝われば要求はあくまでも補足なのでそれ程ナーバスになる必要はない。
なおこれは資格スクールの発表の様に綿密な分析をしたものでもないし極めて個人的な雑感である。いづれにしてもあとは12月15日(木)の試験元の発表を待つのみ。本年度受験された方はお疲れ様でした。
長谷部勉
投稿者 長谷部 :

6 21, 2016

敷地見学

スカイツリーが見える敷地を見学させていただいた。

160621_敷地見学_600.jpg

そしていろんな話をうかがった。

長谷部勉

投稿者 長谷部 :

5 20, 2016

建築家展〜土地からはじまる、建築家との家づくり〜

5月27日(金)〜29日(日)の三日間 建築家展〜土地からはじまる、建築家との家づくり〜というイベントに長谷部が参加します。なお、29日(日)13:30〜「敷地を読み解く」〜どんな土地でもよい家はつくれる〜と題したセミナーに長谷部が登壇します。ご来場お待ちしております。

会場:ASJ TOKYO CELL
住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内3丁目4-2 新日石ビルヂング
時間:11:00~18:00
問合:tokyo_cell@asj-net.com or 0120-35-3159
詳細:http://event.asj-net.com/public/event/data/8939
入場無料

160520_ura600.jpg

投稿者 長谷部 :

4 14, 2016

「Across the Territory of Architecture〜建築の領域を超えて〜」

160405_チラシ表601.jpg

「Across the Territory of Architecture〜建築の領域を超えて〜」に東洋大学住環境研究室と共同で設計を進めている「西白河の家」を出展します。トークイベントには長谷部も参加予定ですので、お時間ありましたらのぞきにきてください。

■展覧会
会期:4月21日(木)〜25日(月)11:00〜19:00
会場:阿佐ヶ谷アメニティストリート(JR阿佐ヶ谷駅〜高円寺駅間 高架下)
出展者:Eureka、高栄智史、永山祐子、小見山陽介、荻原雅史、小堀哲夫、香月真大、メタボルテックスアーキテクツ(渡邊詞男)、上原和、長谷部勉+篠崎正彦、長谷川 欣則、印牧洋介、神本豊秋、山本悠介

■オープニングトーク
日時:4月23日(土)19:00〜21:00
司会:淵上正幸,種田元晴
会場:阿佐ヶ谷アニメストリート・バロックカフェ

投稿者 長谷部 :

2 25, 2016

「3D間取りの教科書」展

a4_chirashi_tate.jpg

ふらっとお立ち寄りいただけると幸いです。

長谷部勉

投稿者 長谷部 :

1 24, 2016

ヨガスタジオのある住まい(設計:充総合計画)

ボクも参加している「家をつくろう会議」のメンバーでもある杉浦充(充総合計画)さんが設計された「ヨガスタジオのある住まい」のオープンハウスにうかがった。まず道路側に建てられた壁が特徴的な外観だと思い、後日Google画像検索をするとT・N-House(北山恒+architecture WORKSHOP)、HOUSE IN YOKOHAMA(TORAFU ARCHITECTS)、Mosaic House(TNA)等が類似の画像として表示された。今回拝見させていただいた住宅がそれらと似ているとは思えないが、いずれもその外観に理由をもった存在感のある建物であることは確かである。ここでは他の作品には触れないが「ヨガスタジオのある住まい」の特徴ある外観は敷地に接する道路の隅切り線から導かれたものだと思う。郊外のそれなりに交通量の多い道路に面するヨガスタジオとしての集客性を考えると特徴ある外観は有効に働くと思われるし、道路と共に隅み切られた部分を開口とする方法は南側からの直射日光を遮る意味においても有効だと考えられる。単なるファザードデザインとしての特徴ある外観ではないことは、実際に現地を訪れ実物を注意深く拝見させていただくことで読み取れる。オープンハウスはやはり楽しい。

160124_01.JPG

ほぼ2階に位置する居住空間は、天井も高くキッチンを中心にダイニングテーブルや畳敷きの小上がりがそれに接続されていることから、食事を中心に家族が団らんする生活スタイルが想像できる。そして生活者の笑い声がそころじゅうで聞こえてきそうな程の開放性を持った空間が広がっていたように思う。
またコストカットを目的にし、プレカットに盛り込んだ手摺等のディテールは存在感が有りすぎるようにも思えるが、このおおらかな空間にはそれも許容される。スケール感とディテールの巧みなコントロールである。

160124_02.JPG

上述した他にも住宅設計における構成要素となるモノは多岐に渡るが、それらを丁寧に読み取り優先順位を付けながら設計するという行為は設計者の能力に依存される部分がそれなりにある。豊かな住まい方を最優先に置くとついつい空間至上主義になりがちではあるが、他方でコストも勘案しながら多様な要素と価値観を十分にコントロールすることは当然の行為でもある。

160124_03.JPG
2階上部の南側に大きく切り取られた窓からは典型的な埼玉の郊外的景色が広がり、ロフト部にはそれと思えない程の広がりもある。どうやったらこのようなロフトがつくれるのか気になるところではあるので、その辺りはあらためて本人に確認してみたい。
長谷部勉

投稿者 長谷部 :

1 13, 2016

새로운 주택 디자인 도감(新しい住宅デザイン図鑑)

새로운 주택 디자인 도_600.jpg

「새로운 주택 디자인 도감(新しい住宅デザイン図鑑)」/한즈미디어(ハンズミディオ)(石井秀樹, 杉浦充, 都留理子, 長谷部勉, 村田淳,共著)が出版されました。表紙は弊社設計の「潮見台の家」。嬉しいですね。

そして韓国のこの紹介文がまたいい。ありがとうございます。

長谷部勉

投稿者 長谷部 :

1 12, 2016

家族をリ・スタートする住宅30選

東洋大学理工学部建築学科建築設計製図Ⅱ第三課題「家族をリ・スタートする住宅」の30選が決定した。次週は篠崎弘之さんをゲストとして招いた最終講評会が開催される。最優秀賞は当学科代表として住宅課題賞2016エントリー作品になる。

160112_toyo.JPG

Lim Eunsu岡本和彦香取慶一篠崎正彦藤村龍至津野恵美子塚田修大山本想太郎須貝重義等を交えた議論が楽しみな一日になりそうです。

長谷部勉

投稿者 長谷部 :

1 10, 2016

鎌倉腰越の家(設計:田井勝馬建築設計工房)

田井勝馬(田井勝馬建築設計工房)さんが設計された住宅「鎌倉腰越の家」のオープンハウスに伺った。住宅設計業界に身を置く我々でも他人が設計した住宅を見学する機会はそれほど多く無い。常日頃から住宅を設計する際に優れた事例を体験することは大きなアドバンテージになると考えているので、お誘いいただけたのは大変ありがたいことだ。そんな訳で敷地は鎌倉と少しだけ遠方だったが業務と天秤に掛けながら重い腰を上げた。

01.JPG

南側斜面にひな壇造成された土地は、通風、日照、景観等、住むための環境がとても良好である場合が多い。一通り空間を体験させていただき、まず思ったのは今回の住宅は上述した敷地特性を十分に活かしていたということであった。しかも片瀬山であることから湘南海岸まで見渡せる。建物が無かった時その地を訪れた人はおそらくそのひな壇に腰を掛けて眼下を見ながら暫く佇むことになるだろう。それほど気持ちが良さそうな場所に、建てられたものであった。
02.JPG
設計プロセスとしてはまず敷地特性を活かすためにフロアを段状に配し、内部化する為に大きな屋根を掛けたのだろうと想像した。その屋根は外性を担保し周辺環境を保存するために山の形状を妨げることが無い位置まで持ち上げられていた。外性を保つだけなら内部化するため設けた屋根と床は透明ガラスの壁で繋ぐことになるはずだか、そこに不透明な壁を配しているのが田井さんらしい丁寧な設計であった。流石にスケスケでは生活出来ないだろうし、構造的にも必要にはなるであろうが。
03.JPG
内部はワンルームに近いおおらかな空間構成だが、様々な床レヴェルと形状が用意されているので、外界の環境を勘案しながら住まい手は個々に自分の好きな位置を見つけ領域をつくりながら生活することになると思われる。内側に向かう視線や領域の獲得方法もそれらのズレを利用しながらの緩やかなものになるだろう。
04.JPG
谷線側のみならず尾根側への抜けへの配慮もまた秀逸であった。等高線を読み解く事によりこの住宅が出来上がったことが窺い知れる。複雑な地形であることから他にも様々なパラメーターが存在するであろうが、田井さんのコンテキスチャリズムにより見事に解かれていたように思う。粘り強く深く考えることがあらためて重要だと思った。頭で考えるだけではなく、身体とともに思考した住宅に思えた。貴重な体験をいただきありがとうございました。
長谷部勉
投稿者 長谷部 :

1 09, 2016

DNT(Do Not Think)

DNT(Do Not Think)に参加した。
DNTはもともと藤村龍至事務所の新年会として企画されたものが、ただ集まるだけでは面白くないということで仕掛けられ、広く開放された建築イベント。

160109_01.JPG
MARU。のお二人、安田大顕氏、浜田晶則氏、門脇耕三氏、馬場兼伸氏がプレゼンテーターを努め、それぞれの視点からのお話を聴き、考える。(そして飲む)。タイトルの"Do Not Think"がテーマのはずなのに。。。
建築の書籍を読んだり、同世代と議論するだけではなかなか理解出来ないことが、少しはわかるかもというのが参加した理由。

160109_02.JPG
変わる評価に対応する建築、参加型建築のその後、場当たり的建築。。。とても考えさせられるイベントでした。
長谷部勉

投稿者 長谷部 :